さて、今回は昨日に引き続き、
Facebook広告を活用した加盟店集め”第2弾”についてお話ししていきたいと思います。

前回は『①広告訴求』についてお話ししましたが
今回は『②既存顧客への類似ユーザーへの配信』にお話ししていきます。

まず、類似ユーザーへの配信をご存知でしょうか?
分からない、もしくは少し曖昧だって方は下記を見てみて下さい
成果の出やすいリストの類似ユーザーへの配信方法

最初に言いますが、この配信方法で成果が出なければ、
Facebook広告で成果が出にくいと言っても過言ではありません。

それぐらいFacebookでは正攻法です。

ただ、1つ注意点があります。
それはリストが少なくとも300件は必要だという点です。
※詳細は先ほどの『①広告訴求』を見てください

この類似ユーザーへの配信ですが、弊社の経験からお話ししますと、
ほとんどのアカウントでクリック率は1%以上で、かつ成果が出ていました!

また、この類似ユーザーを運用していく際ですが
定期的にリストを入れ替えていかなければなりません。
理由としては、同一のターゲット層に配信を続けますと
フリークエンシーが増え、徐々に成果が悪化してくるからです。

そのため、2~3ヶ月に1度はリストを入れ変えることが必要です。
※リストの成果によって多少、期間の誤差はあります。

ここまで類似ユーザーへの配信についてお話ししましたが、いかがだったでしょうか?
もし上記の配信方法を行っていない方は、ぜひ行ってみてください!

◆PR

セスグモ株式会社はFacebook社の広告代理店プログラム(SMB広告代理店)に認定されています。

フランチャイズ加盟やセミナー、法人向けのサービスや商品の広告に特化し、
Facebookの特徴を活用して、「決済者」にダイレクトアプローチで営業工数削減&売上UPを実現しています。

お仕事のご相談やご質問などお気軽にHPからお問い合わせください!