【FC本部向け】Facebook リードの質改善について

Business development to success and growing annual revenue growth concept, Businessman pointing arrow graph corporate future growth plan

前回はFacebookのリード広告についてお話ししました。
今回はそのリードの質を上げるために何をすれば良いかお話ししていきたいと思います。

既存顧客の類似ユーザーへの配信

まずはFacebook広告の最大の利点である既存顧客の類似ユーザーへ配信を行うことです。
これはFacebook独自の手法になります。

既存顧客のデータ(アドレスや電話番号など)をFacebookへアップロードしますと
そのアドレスや電話番号に基づき、自動で類似ユーザーを抽出してくれます。
※アップロードするデータですが、アドレスだけか電話番号だけのみになっており、
アドレスと電話番号の混合したものはアップロードできません

こまめなクリエイティブ変更

当たり前のことですが
成果の良い広告もいずれは成果が落ちてきます。

そうならないために少なくても2週間に1度は
広告文やバナーを変更しましょう

この時ですが、ただ変更すれば良いという訳ではありません
しっかりとABテストを行い、検証・次回施策の作成などを行いながら
広告文やバナーを変更していきます

闇雲にクリエイティブを変更し
たまたま効果が改善されたら良いですが、それは一時的なしのぎにしかなりません

広告文のキャンペーン(価格)訴求が良かったのか
自社だけの強みが良かったのか、それともバナーの構成が良かったのかなど
細かくABテストを行い、勝ちパターンを見つけていくことがリードの質の改善にも繋がってきます。

◆PR

セスグモ株式会社はFacebook社の広告代理店プログラム(SMB広告代理店)に認定されています。

フランチャイズ加盟やセミナー、法人向けのサービスや商品の広告に特化し、
Facebookの特徴を活用して、「決済者」にダイレクトアプローチで営業工数削減&売上UPを実現しています。

ただいま、セスグモのマーケティング手法を無料公開中です!