資料請求1 件あたりの単価は4000円
FC展開スタートから2年で15拠点! FCを得意とするセスグモに依頼したことで 本部構築も最短ルートで実現

株式会社Q太郎フーズ様 専務取締役 古賀 誠氏

出張バーベキューを手がける「BBQ太郎」。食材はもちろん、グリルやテーブル、イス、タープなどバーベキューに必要なすべてのアイテムを現地までお届け。さらには、面倒な火起こしや片付けなどもトータルでサポートしている話題のバーベキューケータリングサービスです。そんな「BBQ太郎」がフランチャイズ展開をスタートさせたのは2018年1月。以降、わずか2年で15拠点まで拡大した背景には、Facebook広告の存在が挙げられます。出稿してすぐ、「驚くぐらいの反響があった」と語る専務取締役の古賀誠氏に、セスグモにご依頼いただいた理由やその効果についてお聞きしました。

費用対効果の高さに魅力を感じたFacebook広告

セスグモにご依頼いただいた背景から教えてください

フランチャイズ展開をスタートするにあたり、開発ルートを模索していました。とはいえ、加盟店を募集すること自体が当社にとって始めての経験で、募集のノウハウはもちろん、どう本部を構築すればいいのかすら分からない状況でした。

当社にご依頼いただいたきっかけはどのようなものですか?

フランチャイズ展開をするにあたり、まずは比較サイトなどの広告媒体の担当者から話を聞きました。その際に話を聞いた比較サイトの担当者からご紹介いただいたのがセスグモでした。話を聞いてみて、比較サイトと比べると、Facebook広告のほうが費用対効果が高いと感じたものの、出稿してみないとどれくらいの効果があるのか分からない。自社で運用する選択肢もありますが、Facebook広告運用のノウハウがないので、素人がむやみに手を出すよりもプロであるセスグモに任せたほうがいいと判断しました。

ほかにもFacebookをはじめとしたSNS広告を手掛けるマーケティング会社は数多くあります。なかでもセスグモにご依頼いただいた決め手は何だったのでしょうか

セスグモがフランチャイズに特化したマーケティング会社だったこと。これが大きいですね。SNS広告の運用はもちろんですが、本部を構築する際の疑問点や不安なことも同時に相談できる。そういった付加価値にも魅力を感じて依頼しました。

対応しきれない資料請求の数に掲載をストップ

フランチャイズ展開をスタートして数ヶ月後の2018年5月からご依頼いただきました。実際にFacebook広告を運用させていただいた効果はいかがですか

反響がすごくて驚きました。具体的な数字をいうと、1ヶ月で30件近くも資料請求の問い合わせが来て、私ひとりでは対応できないので掲載をストップしてもらったくらいで(笑)。今もコンスタントに月20件くらいはFacebook広告経由で資料請求していただいております。請求数が想定よりも大幅に上回り、実際に会ってお話をする検討者を厳選できている状況です。

厳選できることのメリットは2つあって、1つはエリアを固定できること。当社は福岡県に本社があるので、近隣の主要都市から開発していくなどといった戦略的な開発ができるのは大きなメリットですね。

もう1つは、確度の高い検討者に会えること。どういった層に広告を配信すれば刺さるのか。それをピンポイントでターゲティングしているので、比較サイトなどより確度の高い検討者からお問い合わせいただけるんです。比較サイトの場合、ユーザーは何社にも資料を請求する。つまり、複数の本部で1人の検討者を取り合わないといけないんですが、Facebook広告の場合はライバルとなるフランチャイズ本部がいない。取り合う必要がないんです。

しかも、その中からもさらに厳選できる。効率的に開発業務を行えているのも、Facebook広告のメリットのひとつだと考えています。

計画通り開発できているのはFacebook広告があってこそ

1件の資料請求あたりの単価が当時で4000円くらいでしたね

ほかの比較サイトなどの単価をあまり把握していないのでよく分かりませんが、比較サイトや、2018年・2019年と出展した「フランチャイズ・ショー」と比べても、1件あたりの獲得単価が低いのは確かです。当社にとっては4000円が当たり前なので、他の比較サイトなどの1件あたりの単価を聞くと、「なんでそんなに高いの?」ってなって掲載まで至らないんですよね。案件が枯渇してしまったら、Facebook広告の予算を上げればそれだけ獲得できるので、今後もFacebook広告をメインに開発業務を行なっていく予定です。

フランチャイズ展開から2年で15まで拠点を伸ばしました。FB広告経由の問い合わせはそのうちのどれくらいですか

半分近くはFacebook広告経由でお問い合わせいただいています。15という数字は当初の計画通りなんですが、計画通り拡大できているのは、Facebook広告をメインに開発できているからこそだと感じています。

付加価値に感じていただいた、本部構築の点ではいかがですか

たくさんありすぎて挙げられないんですが、立ち上げ期から初歩的なこともいろいろお聞きしているんですが、それに対してきめ細かくご対応いただいて。それによって最短ルートで構築できているのかなって。もちろん失敗もたくさんしているんですが、他のフランチャイズ本部よりも早い段階で結果を出せていると感じています。

今後はどのような展開をお考えでしょうか

2018年の1月にフランチャイズ展開をスタートし、2020年で3年目を迎えました。この3年目で拠点数を15から50に増やし、そこからさらに5年後には100拠点を目指します。そのためにも、Facebook広告はいまや必要不可欠な存在です。ターゲティングも含め、毎回同じ訴求内容では資料請求の数は減ってしまうので、それを防ぐためにもセスグモと二人三脚で目標を達成させたいですね。

  • 会社名 株式会社Q太郎フーズ
    所在地 福岡県 糟屋郡粕屋町内橋705-1
    TEL 092-410-3029
    FAX 092-410-3089
    代表取締役 鈴⽊ 起史
    設立 平成24年2月
    事業内容 バーベキューケータリング事業 常設バーベキュー場運営(トリアス久山バーベQパーク)