セスグモ株式会社

広告費全体のコストも削減

Facebook広告を運用してから
アポ率が3〜4割に急上昇すると共に
自社HP経由での加盟者を月1件獲得

株式会社フードナビ

事業開発本部 加盟開発課 課長 二宮圭太氏

自分で食材を調理する新スタイルの海鮮居酒屋「浜焼太郎」と、牧場をテーマにした無添加カレー&喫茶チェーンの「Cfarm(シーファーム)」。この2ブランドをフランチャイズ展開するのが株式会社フードナビです。2020年の上場を視野に入れてスピーディーな店舗開発がミッションとなり、2017年7月にFacebook広告の運用をセスグモに依頼。その結果、自社HPからの問い合わせが7倍に増え、自社HP経由で月1件の加盟者を獲得できるようになりました。その5ヶ月後には営業代行とHPの運用代行を追加依頼し、より加速して開発業務に取り組んでいます。新規の加盟希望者を募るには、ポータルサイトに掲載する選択肢しかなかった——そう振り返る同社がセスグモに依頼した際に抱えていた課題、そしてセスグモに依頼したことで得た効果とは。事業開発本部・営業一課の係長、二宮圭太氏に話を伺った。

SNSの運用ノウハウがなく、検討するだけで実行に移せていなかった

——現在、貴社は上場に向けて準備中ですよね。

はい。2020年の上場を視野に入れて準備をしている段階です。そこで、1店舗でも多く加盟開発していくためには、資料請求の絶対数を上げながらも確度の高い加盟希望者を募らないといけない。そう考えてセスグモに依頼させていただきました。

——それまではどのような方法で加盟開発を行っていたのでしょうか。

フランチャイズ募集のポータルサイトへの掲載と、展示会への出展、自社HPからの獲得です。その中でもメインとなるのがポータルサイトへの掲載で、ミニマムでも3媒体、マックスで5媒体に掲載していました。

「フランチャイズ・ショー」をはじめとした展示会にも、東京都内で開催しているものを中心に年に3回〜5回ほど出展していました。対面でお会いしているので、認識がある上でのアプローチができる一方で、情報収集目的で来場している方が多いのも事実。開業に向けて前向きに弊社のブースにお越しいただく方は絶対数としては少なく、契約に結びつくケースは決して多くはありませんでした。

——自社HPはいかがでしたか。

自社HPでも加盟希望者を募っていましたが、運用ノウハウを持ち合わせていないためとりあえず問い合せできるようにしておく程度で、加盟に至るのは稀でした。よって、新規の加盟希望者を募るには、ポータルサイトに掲載する以外の選択肢がありませんでした。

上場に向けてスピーディーな店舗開発がミッションなので、サイト掲載以外にも活路はないものか——。こういった背景から、FacebookやInstagramなどのSNSを活用して加盟開発することも検討しました。ですが、それが果たして新規加盟希望者につながるのか、ひいては独立開業系の訴求に適しているのか。弊社にはSNS運用のノウハウがないことから、検討するだけで実行には移せていない状況でした。

フランチャイズ募集の加盟開発とFacebook広告の運用は相性がいいことを実感

——そういったきっかけでセスグモにご依頼いただいたのですね。

無鉄砲に実行するよりは、その道のプロに依頼したほうが得策と考えて依頼させていただきました。もともと、SNSからの獲得には関心があったので、実際に運用することで得られる効果を踏まえたロジカルな説明を丁寧にしていただき、不安が払拭されました。他社とも比較しましたが、フランチャイズに関する知識が豊富で、かつWEBのノウハウもある会社はほとんどなかったんです。もちろん、ご提示いただいた費用対効果にも十分納得した上で依頼させていただきました。

——実際、Facebook広告の運用がスタートしたことで、どういう効果が得られましたか。

掲載した直後に加盟検討者から問い合わせがありました。その当時で1万円の掲載費だったので、1件あたりの問い合わせに対する単価が1万円。その後も継続的にお問い合わせいただき、現在では1件あたり5000円〜7000円くらいにまで下がりました。また、自社HPからのアポイント率は高く、比較サイトと比べると2倍~3倍にものぼります。よって、Facebook広告の運用は、運用次第でフランチャイズ募集の加盟開発とかなり相性のいいものだと実感しています。

——ポータルサイトへの掲載と比較するといかがですか。

媒体の性質にもよるので一概には言えませんし弊社の感覚ですが、ポータルサイトでは問い合わせ1件に対してだいたい1万円〜2万円くらいが平均値。質よりも量を重視する媒体なら1万円〜1万5000円くらい。逆に、量よりも質を重視する媒体なら1万5000円〜2万円くらいだと思います。

数字だけを見ても、セスグモに依頼をしてFacebook広告の運用をお任せしたほうが効果を得られていると実感しています。

確度の高い加盟希望者と効率的に出会えることで、広告費の削減にも成功

——実際、問い合わせ件数が増えても契約に至らないと意味はありませんが、問い合わせの質はいかがですか?

質に関しても大変満足しています。Facebook広告から弊社のHPにつながるスキームをとっていただいていることから、会社概要などをしっかり見た上で資料請求をしていただけています。その結果、アポイントにつながるケースが多く、問い合わせいただいた3~4割近くの方と実際の商談に進められるだけでなく、毎月、自社HP経由で加盟者を獲得できています。十分に検討した上で問い合わせしていただけているので、確度の高い加盟希望者と効率的に出会えている印象です。

——こういった実績もあり、営業代行とHPの運営代行を追加でご依頼いただいたんですよね。

そうですね。実際、新しい獲得経路ということでFacebook広告の運用をスタートし、それが数字として結果につながりました。確かな実績を作っていただいたことで、新たに営業代行とHPの運営代行を依頼させていただいたんです。

特に営業代行は、単純にお客さまに対してアプローチできる人数が増えることだけでも大きなメリット。私自身、フランチャイズの営業は知識と経験が必要な専門分野だと実感しております。新人の営業パーソンを雇用して経験値を積ませるよりも、フランチャイズを得意とするセスグモに依頼したほうが効率化を図れるだけでなく、コストの削減にもつながっています。

——セスグモにご依頼いただいたことで、広告費全体のコストはいかがですか。

当初は、複数のポータルサイトへ掲載しながらセスグモに依頼したので、コスト自体は多少上がって月250万円ほど掛かっていました。ですが、Facebook広告での効果がしっかり取れていることから、ポータルサイト掲載や展示会出展に要していたコストが減少。現在はトータルで月150万円ほどなので、1ヶ月あたり100万円ほど削減することに成功しました。セスグモに依頼する以前と比べても経費の削減につながっています。それでいて、資料請求数が増えているだけでなく、契約締結率も上がっているので大変満足しています。

——コストを削減しつつ契約数も増えているのは、まさに理想的ですよね。

それだけでなく、人件費の削減にもつながっています。展示会への出展はコストだけでなく、莫大な人件費を要します。今までは年に3回〜5回ほど出展していましたが、そのたびに他の部署のスタッフを含めて多くの営業パーソンを送り込んできました。ですが、それ相応の費用対効果を得ることができないことから出展回数を減らしたい——そういう思いから新たな施策を検討していた時にFacebook広告の運用や営業代行などをご提案いただきました。セスグモに依頼したことでの人件費というのはほとんど発生していないので、その分を他の業務に充てることができている点も大きなメリットだと感じています。

——具体的にどういった業務に時間を割けるようになりましたか。

アプローチ数が増えたのはもちろんですが、今まではポータルサイトに掲載しているだけで、掲載内容やコンバージョンに対する分析などができていませんでした。つまり、費用をかけて掲載しているだけ。ブラッシュアップを図る時間が作れたことで、ポータルサイトからも効率的にコンバージョンを得られるようになりました。

専門的な知識が必要なフランチャイズに特化した広告代理店だからこその強み

——広告代理店は世の中に多数存在します。その中でもセスグモに依頼することのメリットはどういうところにあると感じていますか。

フランチャイズの加盟店を増やす支援をメインに事業展開していることから、その目線でさまざまな提案をしていただけるところ。先ほども言った通り、新規の加盟希望者を募るには、ポータルサイトに掲載する以外の選択肢がなかった弊社でしたが、セスグモのおかげで新たなルートから新規加盟者を獲得しています。フランチャイズの加盟開発は専門的な知識が多分に必要な分野ですので、その点を踏まえてピンポイントでご提案いただけるのは非常に助かります。

——最後に、今後の目標をお聞かせください。

弊社は2020年を目標に上場準備に入っている段階です。そのためにも1店舗でも多くの加盟開発をする必要があります。具体的には、「浜焼太郎」が現在120店舗。近い将来、150店舗は見込んでいるので、200店舗、300店舗とスピーディーに展開していきたいと思っています。

「Cfarm(シーファーム)」は2015年12月に立ち上げた新ブランド。現在はまだ10店舗ですが、すでに20〜30の加盟希望者と前向きな商談を行なっていることからも、これから加速度的に増やしていき、100店舗を視野に入れて拡大していきます。

  • 株式会社フードナビ
  • 会社名 株式会社フードナビ
    所在地 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデン13階
    TEL 03-5561-7500
    FAX 03-5561-7501
    代表取締役 定松 慎
    設立 2005年 7月
    事業内容 飲食店運営・フランチャイズ店舗開発及び運営
    ホームページ https://foodnavi.co.jp

その他の実績紹介

まずはお気軽にお問い合せください

Contact us

お仕事のご相談やお問い合わせは、こちらから承っております。

お問い合わせ 資料ダウンロード
menu