ユーザーの疑問を解決するのがフランチャイズを増やす近道


フランチャイズ開業に興味を持っていても、迷いや疑問を抱えていてなかなか前に進めないユーザーもいます。
そのような場合には、一般的に考えられる疑問を解決してあげることで最初の一歩を踏み出すことができれば、フランチャイズを増やすことにつなげていくことができます。

フランチャイズ開業を考えている人はどのような迷いや疑問を持っていて、解決してあげるためには具体的にどのようなことをすればいいのかについて紹介します。

 

そもそもFacebook広告とは

Facebook広告とは、Facebook上に配信できるSNS広告を指します。
広告はタイムラインのニュースフィード、パソコンやスマホ画面の右側の固定枠に表示されます。
さらに、広告はInstagramなどへの配信も可能です。
Facebookは利用ユーザーが多く、ターゲティングをしっかりと練ることで精度の高い広告効果を狙えます。
また、ツールの使いやすさや手軽さなども大きな魅力であり、活用する企業が増加傾向にあります。

Facebook広告の強み

Facebook広告の強みは、何といっても「ターゲットが細かく設定できる」という点です。
ユーザーの性別や年代、趣味や趣向などの詳細な条件を設定できるため、ターゲットにピンポイントな訴求を行えます。
コアターゲットを明確にしたうえで適切な広告を表示させられるため、一定の効果が出やすいといわれているのです。
さらに、Facebookのタイムライン機能を有効活用すると、コアターゲットだけではなく、その友人にまで情報を拡散しやすいというメリットがあります。
コアユーザーはもちろん、潜在層へのアプローチを狙えるFacebook広告は、まさにビジネスを加速させるのに優れたツールといえます。

1.アクティブユーザーの多さ

TwitterやInstagramなど、SNSの種類は多種多様です。そのSNSのなかでも、Facebookは「アクティブユーザーが多い」という特徴があります。

年齢は20~40代のいわゆるビジネスパーソン世代が多く、幅広い層に向けてアプローチを行うことが可能です。

また、Facebookは利用者の男女比がほぼ等しいのも特徴です。幅広い利用者のなかから詳細な絞り込みをしてマーケティングを行うことで、高い宣伝効果を狙えます。

2. 適切で細やかなターゲット設定

Facebookが多くの企業に広告ツールとして選ばれている理由の1つに、「ターゲティングの精度の高さ」が挙げられます。Facebookは原則として1人につき1アカウントの登録とされており、本名・出身地・誕生日など、入力する個人情報の量が多いのが特徴です。

したがって、これらの情報を基に適切なユーザーに対してアプローチを行えるため、ターゲティングの精度が非常に高く、他メディアに比べて1.5倍ともいわれています。

3. 目的に合わせて広告を最適化

目的に合わせて広告を最適化できるのも、Facebook広告ならではのメリットです。
Facebookには多彩なフォーマットがあり、それぞれに最適な達成目的が異なります。
利用者の目的は、主に投稿へのコメントやシェアを促す「認知度向上」、コンテンツの閲覧数アップを狙う「リーチの増加」、webサイトへのアクセスを誘導する「検討機会の増加」の3つがあります。
それぞれの利用者の目的に合わせて、広告表示方法や広告フォーマットを最適化できるのが大きな魅力です。

Facebook広告の種類

Facebook広告のバリエーションは豊富であり、多くの企業が活用しているものには「リンク広告」が挙げられます。
リンク広告は自社webサイトやランディングページへの誘導を目的としたものであり、Facebook上でポピュラーな広告タイプです。
それから、ブランディング向きの「動画広告」や、商品への興味や販売喚起を促す「カルーセル広告」などがあります。また、読み込み速度が速くユーザーの関心を引きやすい「キャンバス広告」、写真・テキスト・音声を組み合わせてスライドショー形式にする「スライドショー広告」なども多く見られます。
さらに、見込み顧客の獲得を得意とする「リード獲得広告」、アプリのインストール数増加を狙える「アプリインストール広告」、商品の情報を結びつける「ダイナミック広告」なども人気の広告タイプです。
Facebook広告にはこれらの他にも多種多様な広告の種類があり、目的に合わせて自由に選択できるのが人気の理由といえるでしょう。

Facebook広告の出稿方法

Facebook広告を出稿するにはどうすれば良いのでしょうか。
基本的にFacebook広告は企業や個人を問わず、誰でも簡単に出稿することが可能です。
一般的な流れとしては、まず広告メニューと訴求内容を選択します。
続いて、URLを入力したら自分のアカウント情報を設定、そのまま年齢や性別などのセグメント設定に移ります。
その後、予算や配信スケジュールなどを設定したら、広告に使用する画像の選択です。その後、広告クリエイティブと支払い情報を設定すれば、出稿の基本的な流れの完了となります。

Facebook広告の費用や支払い方法

Facebook広告の利用を検討する際に、気になる人も多いのが費用や支払い方法についてではないでしょうか。
Facebook広告では、出稿時にあらかじめ予算の設定ができ、その予算内での運用を行えるため安心です。
また、Facebook広告は事前に選択した表示回数・クリック数・アプリダウンロードなどの課金対象の条件が満たされたときに、初めて費用が発生するのが特徴です。
支払いについては、クレジットカードやPayPalが利用できます。

Facebook広告で効率的なマーケティングを

SNSの利用者は増加傾向にあり、SNS広告はこれからますます需要が高まることが予想されています。
SNSのなかでも、Facebookはアクティブユーザーの多さや、詳細なターゲットを絞り込んだうえでマーケティングができる点が強みです。
また、ツールの使い方や登録も複雑ではないため、誰でも簡単に広告運用を行えるというメリットもがあります。
便利なFacebook広告を販促ツールとして活用することで、効率的なマーケティングの実現につなげやすくなるでしょう。

※参考元URLなし