フランチャイズ広告はターゲットで変えるのがポイント

フランチャイズで独立開業したいという人は増えています。
定年退職後のライフプランとして考えている人や転職の選択肢として捉えている人など実に様々です。

また、フランチャイザーからノウハウを手に入れられるという部分に興味を持つ層も少なくありません。
そのような様々な人達に対し、フランチャイズ募集の広告はターゲット別に使い分けることが重要です。
どのような層にどのようなアピールが効果的か解説していきます。

独立や開業系の雑誌で幅広いユーザーにアピール

フランチャイズで独立や開業を考えている層には、定年退職後のシニア層も多いです。

「退職金で自分の店を持ちたい」という人や
「定年後の仕事は自分の好きなものがいい」という人など理由は様々です。
シニア層が他の層と違うところに、パソコン操作が苦手な人が多い点が挙げられます。

高齢者を対象とするパソコン教室などが増えていますが、
若年層に比べればこの世代はパソコンが苦手という人が多いのが特徴です。
そのため雑誌から情報を得るシニアは少なくありません。

デジタルコンテンツに馴染みのない層にアピールするには、
独立や開業系の専門誌に広告を掲載するのが効果的です。

独立や開業系の専門誌はたくさんあります。
発行間隔も月刊、隔月刊、季刊などと様々で、雑誌ごとに特徴があります。

例えば、飲食店の開業に特化した雑誌といった感じです。
「シニア層で飲食店の開業に興味のある人へのフランチャイズ広告は、

そういった雑誌に掲載した方が効果的」といったように雑誌の特徴に合わせて考えると良いでしょう。

独立や開業系のサイトにweb広告を掲載する

独立や開業系の専門誌に広告を掲載する場合は、その専門誌がwebサイトを運営しているか調べてみましょう。
独立や開業系の専門誌が、その専門誌の名を冠したwebサイトを持っていることは少なくありません。

特に独立や開業系の専門誌を紙版だけでなく、デジタル版でも発行しているところは、
webサイトにも力を入れていることが多い傾向が見られます。

そういった独立や開業系の専門誌のwebサイトに、フランチャイズ広告を載せるのは効果的です。
特にネットに馴染みのある層にアピールできる部分は大きなメリットです。

フランチャイズ広告の掲載先は、独立や起業に関連したwebサイトだけではありません。
フランチャイズ事業に関連づけた記事などがあるwebサイトなら、
フランチャイズ広告を掲載することで効果が期待できるでしょう。

SNSなら鮮度の高いリアルな情報が発信できる

独立や開業系の雑誌に情報を掲載した場合、
その情報がユーザーに届くのは何ヶ月か後になることも少なくありません。
季刊誌なら3ヶ月に1回の発行ですから、3ヶ月以上後に届くことになります。
一般的に独立や開業系の雑誌は週刊などの短い発行間隔ではありません。
細かい情報をこまめに発信することには向いていないのです。

反面、詳細な情報を発信することには向いています。
SNSは、イベントやキャンペーンなど小さな情報をたびたび発信したい時に便利な媒体です。
SNSなら鮮度の高い情報を好きなタイミングで発信することができます。

情報の鮮度が高いとユーザーの関心も高まりやすくなります。
例えば同じイベントの告知であっても、イベントの開催が決まってすぐSNSによって情報が発信され、

こまめに情報が追加され、更新されるような告知の方がユーザーの関心が高くなるでしょう。
鮮度の高いリアルな情報を発信できるという点はSNSの大きなメリットです。

HPやLPで、さらに関心度の高い層をゲット

自社のHPやLPを制作すれば、フランチャイズに関するさらに詳細な情報を発信できます。
LP(ランディングページ)は、HP(ホームページ)とは違います。

その両方の特徴を理解して制作することで、より大きな効果が期待できるでしょう。
特にLPは、問い合わせや資料請求などを増やす重要なポイントです。

LPとは、ユーザーが初めに訪れるページのことです。
入り口ページと呼ぶホームページ制作会社もあります。
一般的に広告をクリックして飛んだ先がLPであることが多いです。

LPの特徴はいくつかあります。縦長でデザインが派手であること、画像が多いこと
ボタンのサイズが大きいこと、リンクが少ないことなどです。

それに対しHPは、テキストが多く、他のページへのリンクがたくさん貼られていたりします。
自社のHPやLPは多くの場合、それ単独で利用するわけではありません。

状況に応じて自社のSNSやweb広告、誌面広告と連動させていくことが大切です。
それぞれの媒体ごとに更新のしやすさやユーザー層などに違いがあります。

特徴に合わせて掲載する内容とタイミングを選べば、さらに効果が得られやすくなるでしょう。

ターゲットや段階別に広告を使い分けるのがコツ

フランチャイズ広告は、求めるターゲットに合わせて広告を使い分けることが大切です。
段階別に広告を使用することで、初めは迷いがあったユーザーでも、少しずつ関心度を高めていくこともできます。
SNSなど自分で行いやすい広告もあります。

しかし、どの媒体にどのような広告を載せるかという設定やターゲットの絞り方を
自分ですべて考えて実行するのは難しいかもしれません。
そんな時プロに相談するとより効果的な広告が打てるようになるでしょう。

【1段落】https://www.fujisan.co.jp/cat100/cat105/onsale/
【2段落】http://www.bc01.net/
【2段落】http://boss-online.net/
【3段落】なし
【4段落】https://web60.co.jp/landing-page.html
【4段落】https://ds-b.jp/ds/publics/index/123/
【4段落】https://liskul.com/lp-toha-1530
【5段落】なし