はいどーも!竹井さんです!
私自身では1ヶ月ぶりの更新になります(*_ _)ペコリ

更新しよう。しようと思い続けて、1ヶ月ほど過ぎてしまいました。
気づいたらお盆明けになっていましたね。。
来週から気合い入れて頑張っていきたい所存です。

さて本日ですが、
シェアオフィスしている方に行って頂いた
LPの研修について情報共有をできればと思います。

まず最初に質問ですが、

「みなさん、LPって何か説明できますか?」

意味が多岐に渡ってしまっていますが、
ここでは広義の意味と狭義の意味について
2パターンに分け、お伝えしていきますね。

◆狭義の意味でのLP
ユーザーにアクション(申し込み・資料請求)を促すことに特化した
1枚のみで構成されたページのこと

※一般的にLPというと、こちらを指すことが多いです。

◆広義の意味でのLP
ホームページの中でユーザーが最初にアクセスしたページのこと

※例えば、ホームページがAページからEページまでの5枚のページで構成されていて
ユーザーが最初にAページにアクセスした場合、AページがLPになります。

このLPですが、ユーザーがページに興味がない場合
離脱まで一般的にどのぐらいで離脱するか知っていますか?

1秒?、2秒?、それとも10秒以上??

答えは、、何とわずか「3秒」
みなさんもテレビで興味がなくて、チャンネルを回す時間はこのぐらいではないでしょうか。

そのわずかな時間で人は情報を取捨選択していきます。

離脱させないために、3秒以上ユーザーを惹きつける必要があります。
そのためには、商品・サービスを伝えたいターゲット層やその商品・サービスのメリットなど
あらゆる要素を考えていかなくてはなりません。

あっ、ちなみに余談ですが、
ベネフィットとスペックの意味は知っていますか?
一般的にベネフィットは利益、スペックは性能という意味ですが
ダイレクト出版さんでは下記のように説明されています。

ベネフィット=変化
スペック=事実

※ここでいう変化と事実ですが、例えば商品が化粧水と例で出しますと
ベネフィット(変化)=もちもちの実感肌へ
スペック(事実)=「馬セラミド」入り化粧水

こんな感じになります。

上記はあくまで一例で業界などによって意味が変化したりしますので
こんな意味もあるんだなあぐらいで留めてもらえればと思います。

また、ユーザーを惹き付けるために
このベネフィットとスペックを上手く組み合わせ、
ファーストビューを作成し、離脱を防ぐ必要があります。

ここまでLPの概要についてお話しさせて頂きました。
次回はLPの構成案について、お話していきたいと思います!

◆PR

セスグモ株式会社はFacebook社の広告代理店プログラム(SMB広告代理店)に認定されています。

フランチャイズ加盟やセミナー、法人向けのサービスや商品の広告に特化し、
Facebookの特徴を活用して、「決済者」にダイレクトアプローチで営業工数削減&売上UPを実現しています。

お仕事のご相談やご質問などお気軽にHPからお問い合わせください!