こんにちは!

セスグモのがくちゃんです。

今回、Facebook広告のターゲティングの仕方で面白い事例があったので、共有しやす。
*あくまで仮説になるので、参考程度に読んでもらえると幸いです!

とある、経営者パイセンの山本さんから連絡を頂きました。

「YDNのサーチターゲみたいな機能ってFBにもあるんですか?それとも別のものですか??」

!!!? どういうことだ?

事の詳細を聞くとこうだ。

昨日、Googleで「アメリカ 不動産」と検索して、
とあるアメリカにある不動産会社のホームページをクリック!

【前提】
海外不動産について検索したのは生れてはじめてで、海外不動産のメディアなども見たことがない

こんな感じです。

すると、翌日のFacebookにこんな広告が出てきたそうです!

!!!?

めちゃめちゃターゲティングされとるないかーい!

Facebookのターゲティング精度は恐ろしいですなw

ここまでは事実ベースのおはなし。

こっからは、Facebookがどういう風にターゲティングしているか、
がくちゃんの独断と偏見の仮説ですw

【ここから仮説】===================================
おそらくですが、Facebookは各カテゴリのサイトをスクレイピングなどを行い、
どのドメインのサイトがどのようなカテゴリのサイトかをデータベース化している。

その上で、メディア連携などを行いクッキーデータを取得し、
クッキーデータとサイト訪問とそのサイトのカテゴリを紐づけ、
興味関心のターゲティングをしている可能性が高いです。

ディスプレイ広告でいう、インタレストマッチに近いターゲティングの仕方ですね。
====================================【ここまで仮説】

Facebookのターゲティングの仕方は公表されないので、予測になってしまいますが、

「Facebookのターゲティングはまじでヤバい!」

ということは言い切れると思います!
今後のFacebookの動きに目が離せません!

◆PR

セスグモ株式会社はFacebook社の広告代理店プログラム(SMB広告代理店)に認定されています。

フランチャイズ加盟やセミナー、法人向けのサービスや商品の広告に特化し、
Facebookの特徴を活用して、「決済者」にダイレクトアプローチで営業工数削減&売上UPを実現しています。

お仕事のご相談やご質問などお気軽にHPからお問い合わせください!