こんにちは!

今日も田中が更新していきます。

今日はLP(ランディングページ)について書いていきたいと思います!
※LP(ランディングページ)とは、WEB広告のリンクからの飛び先となる場合が多く、
1ページで申込や資料請求を促す独立したページ
のことです。

LPの構成要素

・キャッチコピー
このパートは、メインコピー(1行)とサブコピー(2行)、写真の3つの部分で構成されます。

・共感部
お客さんの気持ちに寄り添いながら、文章を使い宣伝していきます。

商品の特性によって、長め(5行~7行)に作るときもあれば、短く(1行)済ませる場合もあります。

・商品の提示
ページで購入してほしい商品や、請求してほしい商品を説明します。

商品の写真を使い、どんな商品なのか、イメージしやすいように作ります。

・ベネフィット
商品を購入した後、どんな良いことがあるのか、説明します。

お客さんは商品を購入することによって、自分が今より、良い状態になることを、求めています。

その良い状態を、丁寧に説明していきます。

・お客様の声
商品の購入で、良い状態に変わると説明されても、お客さんは「本当にそうなのか?」と、疑問に思います。

その心配が杞憂に過ぎないことを、実際のお客さんの口コミを使って説明していきます。

・差別化
商品が、競合品とは違うことを説明します。

競合との違いが分からなければ、お客さんは低価格な競合に流れます。

・求める行動(問い合わせフォーム)
商品の購入なら、お申込みフォームとボタンです。

成果の出やすいLPの特徴

①広告(流入元)との整合性

まずLPの役目はインターネット広告を見て興味を持って流入してきた見込み客を
上手く誘導していくことことです。

そのため成果を上げるLPを作るには、
集客元であるインターネット広告との繋がりを意識することが必須となってきます。

②ストーリー性

LPではストーリーが大事になってきます。

例えばですが
「洋服が欲しいな…(広告を見て)これいいかも!見てみよう!(クリック)」
とこのように、目的を持って情報を探しているユーザーがほとんどだと思います。
そのため、LPでしっかりと説明をし、ユーザーを引き込む必要があります。

 

今日はLPについて書きました!!

商品、目的によって要路を変えなくてはいけませんが

LPは気軽に問い合わせができるのでユーザーを惹きつけやすくなります!

LP作成のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談下さい!

 

◆PR

セスグモ株式会社はFacebook社の広告代理店プログラム(SMB広告代理店)に認定されています。

フランチャイズ加盟やセミナー、法人向けのサービスや商品の広告に特化し、
Facebookの特徴を活用して、「決済者」にダイレクトアプローチで営業工数削減&売上UPを実現しています。

ただいま、セスグモのマーケティング手法を無料公開中です!