こんにちは!

田中が更新してまいります!

今日はSNS活用のお話をしていきたいと思います。

 

SNSマーケティング

SNSマーケティングとは、FacebookやTwitter、LINEといったSNSを企業の広告・プロモーションを利用してユーザーの興味を引く、会社の宣伝活動のことを言います。

別名、ソーシャルメディアマーケティングと呼ばれるその戦略は、その会社や商品・サービスに対する顧客の関心を高めることで、最終的に商品の購買意欲につなげようと言う取り組みのことです。

企業の何らかの宣伝広告をSNSで展開することにより、既存顧客のほかにも幅広いユーザー層に、その企業や店舗、商品に対して愛着を持ってもらうことに繋がります。

また、直接ユーザーと対話をすることで、その企業や店舗、商品に対してユーザーが共感を持ちやすくなります。

こうしたエンゲージメントと呼ばれる結びつきを高めることで、ユーザーの購買意欲の向上にまで繋げることができると期待されています。

 

おすすめのSNSマーケティング

・Facebook

・Instagram

・Twitter

・LINE

 

SNSマーケティングの目的

SNSマーケティングは、企業と顧客を直接繋ぐコミュニケーション方法のひとつです。

その企業や店舗、商品、サービスのファンとなった顧客が今度はインフルエンサーとして、会社の代わりに他客に自ら商品を勧める情報発信をしてくれる効果も見込めます。

そういうことも、SNSマーケティングの目的の一つと言えます。

 

SNSマーケティングの具体的な効果

認知度アップ効果

SNSを通してユーザーが共感したコンテンツは自動的に拡散して貰える可能性があるため、企業や商品の認知度アップを狙いたい場合に有効です。

ブランディング効果

単に自社や店舗で取り扱っている商品の紹介を行って知ってもらうだけでなく、定期的に「この商品を作っているのがどんな会社」で、「他にはどんな商品があるのか」「どんなことをしているのか」などをさまざまな情報発信していくことで、消費者により詳しい情報提供が可能になります。

ロイヤリティ向上効果

ユーザーとの心理的な距離が近い企業や店舗は、顧客から信頼感や安心感を得やすいといえます。それに成功すればユーザーのロイヤリティ向上を狙うことができるでしょう。

 

SNSを運用する際のポイント

運用するSNSに優先順位をつける

すべてのSNSを同じように扱うのではなく、ビジネスの内容に合わせて力を入れるSNSを使い分けるのがポイントです。

SNSの管理には時間や手間がかかるため、まず「戦略的に」自分の店舗や企業における1軍・2軍・3軍を決めます。

SNSごとに最適な集客方法は異なるので、複数のSNSを販促に活用するなら、PRしたい内容や強みに適したSNSを選んで販促するべきです。

 

コンサルタントを導入する

専門のSNSマーケティング企業のコンサルティングを導入して、専門家の意見を取り入れることも重要です。

コンサルティングでは、SNSに関する豊富な知識に基づいたアドバイスや、的確な炎上防止策や対応策などが得られます。

共感が得られる投稿内容にする

最後のポイントは、企業の宣伝色を抑えて、ユーザーの共感が得られる内容を投稿することです。

テレビのように一方的な情報提供ではなく、インターネット上では相互のコミュニケーションが重視されます。

この消費者の購買行動や心理の変化を把握して、共感が得られるものを投稿することが大切です。

 

如何でしたか?

おすすめのSNSも今やかなりのユーザー数を抱えていますので

広告の配信もかなり期待できるかと思います!

新規顧客を増やし会社をもっと拡大させる手段にぴったりと言えます!
これからSNS広告をとお考えの企業様是非ご相談ください!

 

◆PR

セスグモ株式会社はFacebook社の広告代理店プログラム(SMB広告代理店)に認定されています。

フランチャイズ加盟やセミナー、法人向けのサービスや商品の広告に特化し、
Facebookの特徴を活用して、「決済者」にダイレクトアプローチで営業工数削減&売上UPを実現しています。

ただいま、セスグモのマーケティング手法を無料公開中です!