こんにちは!

今日も田中が更新していきます!!

今日はCV(コンバージョン)について

お話していきたいと思います!!

 

CV(コンバージョン)とは?

CVとはコンバージョンの略でWEB広告における最終的な成果の事を言います。

何をCVとするかはクライアントさんにより異なりますが、

主に会員登録の完了、購入、資料請求、お問い合わせ・・・などがあります。

 

CVR(コンバージョン率)とは?

CVRとは、「Conversion Rate」の略で、コンバージョン率と訳されます。

Webサイトに発生したアクセスのうち、どれだけのCV(コンバージョン)を達成したかの割合を表す指標のことです。

CVRを知ることで、Webサイトで施策の優先度や施策を行うページを洗い出せます。

◆計算式◆

CVR=コンバージョン数 ÷クリック数

 

CPAとは?

CPAとは「Cost Per Acquisition」の略です。

1件のコンバージョンを獲得するのにかかった広告コストをだします。

Web広告の指標の中でも最も重要視されており、Web広告で、効果があるとみなすためには、

目標としているCPAの数値よりも下回っている必要があります。

Web広告の目標設定にはこのCPAという指標が必要不可欠です。

◆計算方法◆

CPA=消化金額÷獲得CV数

CV設定

何をもってCVとするかの基準はサイトや企業によって異なります。

会員登録をコンバージョンとする場合もあれば、商品購入をコンバージョンとすることもあります。

さらに、商品購入をコンバージョンとする場合でも、購入したユーザーの数をコンバージョン件数とする場合と購入した商品の数をコンバージョン件数とする場合など、さまざまな設定方法があります。

設定する際には、「CV数にもとづいて何を知りたいのか」を明確にする必要があります。

 

CVの獲得を増やすには?

CV数を思うように増やせない・・・

そんなときの対処方は・・・

CVが見込めそうもないものや、コンバージョンに貢献していないと思われるキャンペーンや広告グループ、広告は出稿を停止していく、または差し替えるなど検討する必要があります。

また、獲得が多く成果の良い月のレポートをDLし、成果の悪い月と

どの点が違うのかを比較してみるのも良いかと思います。

比較することで広告の差し替えなどしやすくなると思います。

 

 

いかがでしたか?

CVについてお話させて頂きました!!

CV(コンバージョン)はWeb広告運用において、いかに広告コストが成果に結びついたかという最終的な成果を知るための指標の一つです。

私もまだまだCVについて分からないことがあるので

日々勉強していき、更新していきたいと思います!!