こんばんは!
井上です。

皆さんInstagramは使っていますか?
僕も休日に撮りに行った風景画を加工して、「インスタ映え」を狙っています(笑)

実は先日、そのInstagramに関するイベントに参加してきました!
そこでは、テレビ離れが著しい若者をターゲットとした様々な広告戦略ができることを知りました。
その内容を、皆さんにもぜひ共有したいと思います!

【Instagramの現状】

アカウント数
2019年のアクティブアカウント数は3300万人!
2018年の2900万人から400万人も増えています!

若年層のメディア接触時間
まず、若者のテレビ離れの実態です。
下の接触時間割合を見ると一目瞭然です…。

若年層のInstagram利用実態
次に、1日の中で、Instagramをいつ利用しているのかについてです。
ほとんどのユーザーが、1日中Instagramを閲覧していることが分かります。

若年層はInstagramで行動する
Instagramでは、ユーザーの85%が投稿を見てから何かしらの行動をとるという結果が出ています。
また、これを利用して宣伝を成功させた事例もあるようです。(後ほどご紹介します)

【Instagramの最新トピックス】

そもそも、Instagramのすべての機能を使いこなしている人は少ないのではないでしょうか。
投稿はたくさんの方が使っているかと思いますが、他にも使いこなしてほしいコンテンツがあります!

発見タブ
ユーザーの興味・関心があるものと近しい内容のものが出てくるものです。
フォローの有無は関係なしに、ユーザーが興味を持ちそうな内容を表示してくれます。

僕は最近テニスや野球のことを検索することが多かったので、
その事柄に近い写真や動画などが多く表示されますね!

ストーリーズ
ストーリーズは、24時間限定の配信のため、24時間後には投稿が消えてしまいます。
その設定こそが、よりユーザーのリアルを伝えることができる機能なのです。
ライブ配信なども行えるので、より身近に感じる投稿ができます。

・日本はストーリーズ大国!
デイリーアクティブ利用者の70%がストーリーズを利用しているそうです。
しかも、1日で投稿されるストーリーズは700万投稿もあるそうで、
この数字は映画1万本より多い数字だそうです!

【ビジネス活用のポイント】

では、広告としてどのように活用すればいいのでしょうか?
Instagramをビジネスとして活用するためには、
以下の4つのポイントを抑えれば、ビジネスとしてもInstagramを活用することができます!
プライベートで使っている僕も知らなかったことなので、ぜひ試してみてください!

ストーリーズを使いこなす

まず、ストーリーズにおいて1番大切なことは、消費者と同じ行動をすること!!!
そうすることで、より伝えたいことを身近に感じてもらえるようになります!
その中でも大切なポイントは次の2つです!

写真、動画は縦長で!
ストーリーズは、フルスクリーンで表示されます。
また、Instagram自体はスマートフォンアプリとなるため、ユーザーの画面は縦長です。
つまり、横長で撮影した写真や動画は表示範囲が限られてしまいます。
必ず縦長のものを投稿しましょう!

スタンプを使ってアクションを求める
ストーリーズは、ただ投稿をするだけでなく、
スタンプ機能を使ってユーザーにリアクションを求めることができます!

成功事例
先程もお伝えしたように、ユーザーの85%が、投稿を見て何かしらの行動を起こします。
ここで、ストーリーズを使って、ある企業が行った施策をご紹介します。

上の画像の○で囲ったスマホには、青と赤の2択を選択する画面が表示されています。
これは、2択に絞られた新商品名を、ユーザーに決めてもらおうというものです。
より身近な距離で商品を感じることができ、印象を残すことができます。
それに加え、発売初日にライブ配信などを通して、さらに宣伝を行うことで、テレビと大差ないアプローチが可能です。

投稿数を増やして発見タブで見つけてもらう

プロフィールへのアクセスの3分の2は、非フォロワーからです。
その非フォロワーがどういうルートでアカウントにたどり着くか…
そう、発見タブです。
発見タブには、その人の興味・関心に関連したジャンルが表示されます。
フォローしていなくてもコンテンツが分かる
これが発見タブの魅力です。

その発見タブの中で見つけてもらうためにも、投稿数を増やす必要があります。
また、投稿内容も統一することで、文章を見なくても内容を分かりやすく伝えることができます!

伝えたいことは1番初めに

次の写真は、1つの投稿を見るのにかかる時間の平均を表しています。
1秒もかからずに次の投稿にスライドしているという驚きの結果になっています。

つまり、ほとんどの人が文章を見ず、写真だけを見ているということになります。
ここで重要になるポイントは、伝えるべきことは初めにということです。
魅力的な画像や、キーワードを初めに表示させることで、
他の投稿に埋もれないものを作ることが必要になってきますね!

Facebookピクセルの活用

弊社のFacebook広告でも取り扱っているピクセルを活用しましょうという話です。
ちなみにですが、Instagramは、Facebookが提供している無料の写真共有アプリケーション
ということは知っていましたか?
Instagramで投稿した内容を連動することもできるので、ぜひ連携してみてください!

Instagram内の投稿では、いいね・フォロワーがどれぐらい増えたかは分かるかと思います。
しかし、Instagramの広告では、画像ごとのコンバージョン数(申込など)は出てきません。
なので、ピクセルを活用することで、画像ごとのコンバージョン数(申込など)を知ることができます!
日々の投稿内容に改善を重ねるためにも、具体的な数字はかかせないですよね!

——
このように、Instagramには多くの人が活用しきれていない機能がたくさんありました!
自社広告・個人アカウントなど、どのような目的でも活用できるので、
ぜひ実践してみて下さい!!

以上、井上でした!