こんばんは!竹井です
お盆明け最初の記事になります

本日ですが、Facebook広告のクリエイティブについて、お話ししていきたいと思います。
みなさん、クリエイティブですが、一般的な横長(1200×628)を配信していますでしょうか?

その方はぜひ今回お伝えすることを実践して頂ければと思います。

まずクリエイティブサイズですが
大きく分けて3つに分類されます。
①横長 (1200×628) アスペクト比16:9
②正方形(1080×1080)アスペクト比1:1
③縦長 (800×1000) アスペクト比4:5

ここで①の横長しか配信を行っていないっていう方がいましたら
ぜひ『②の正方形サイズ』と『③の縦長サイズ』を配信してみてください

弊社ですが、いくつかアカウントを配信していますが
やはり横長と比較しますと、正方形や縦長の方が成果が出ております。
それに加え、Facebook社でも上記を推奨しています。

理由としましては、横長よりも正方形や縦長の方が画面占有率が高く
ユーザーの目に留まりやすいからです。
その結果、クリックがされやすい傾向があります。

実際弊社アカウントでも正方形や縦長でもクリック率が高く
横長でクリック率1.00%のところ、正方形または縦長にしますと、1.20~1.50%となっている案件もあります。

また、ここで注意が必要なのですが、
ただ闇雲に正方形や縦長のクリエイティブを作成すれば良い訳ではありません。

正方形や縦長でかつしっかりと綺麗なものを作成する必要があります。
目を引きましても綺麗なものでなければ、ユーザーは広告をクリックしません。

ここまでクリエイティブサイズについてお話ししてきましたが、いかがだったでしょうか?
横長しか配信していない方、今回を機に正方形や縦長を配信してみてください。
また、正方形も配信しているって方。縦長も配信してみてください!
成果に違いが出てくるはずです。

今回は以上になります。では!

◆PR

セスグモ株式会社はFacebook社の広告代理店プログラム(SMB広告代理店)に認定されています。

フランチャイズ加盟やセミナー、法人向けのサービスや商品の広告に特化し、
Facebookの特徴を活用して、「決済者」にダイレクトアプローチで営業工数削減&売上UPを実現しています。

ただいま、セスグモのマーケティング手法を無料公開中です!