こんばんは!竹井です!
今回はLine広告のアカウント構造などについて
概要をざっくりとお話していきたいと思います

Facebook、Twitterときて、
ついにLineにまで手を伸ばしてしまいましたよ(笑)

このLine広告ですが、アカウント構造としては
リスティング広告、Facebook広告をやっている方にとってはイメージしやすいかもしれません

下記のような構造になっています!

大枠:キャンペーン
中枠:広告グループ
小枠:広告

リスティング広告を行っている方については
構造の名前もそのままで分かりやすいと思います。

Facebook広告のみやっている方は、
広告セットが広告グループに名前が変わっただけであとは大差ないかと思います。

入稿もかなりやりやすかったです
画面に従って行っていけば、30分ほどで終わると思います。

また、年齢は5歳刻みで上限、下限ともに設定できる仕様で
地域に関しては、各都道府県単位で設定できます。
一部、市町村単位でも設定ができました。

お次はバナーについてですが
これはFacebook広告を行っている方には朗報です!
それはなぜか、、、

『1200×628』『1080×1080』

みなさん、この数字に見覚えはありませんか?

そうなんです!

何とFacebook広告のバナーサイズと同じなんです!
しかも、画像内のテキスト量が20%以下に関しても同じ
※現在、Facebook広告ではテキスト量20%ルールは廃止されていますが
20%以上ではほとんど配信されませんので、廃止されたとはいえ20%以内に抑えた方が良いです。

ですので、Facebook広告で使用しているバナーをそのまま使用できますので
リサイズやバナー構成の修正は必要ありません!

これには竹井さん、感動してしまいました(歓喜)

では今回はここまでで終わります!シーユー!

◆PR

セスグモ株式会社はFacebook社の広告代理店プログラム(SMB広告代理店)に認定されています。

フランチャイズ加盟やセミナー、法人向けのサービスや商品の広告に特化し、
Facebookの特徴を活用して、「決済者」にダイレクトアプローチで営業工数削減&売上UPを実現しています。

ただいま、セスグモのマーケティング手法を無料公開中です!