こんばんは!
今回はここ数年で急激に伸びている動画広告についてお話ししていきたいと思います!

みなさん、この動画広告ですが
作成する際に注意している点などはあるでしょうか?

本日の記事ではFacebook広告の動画広告で使用する動画を作成する上での
注意事項について解説していきます!

動画を作成する際の注意点

まずはモバイルに最適化することです。
2020年までに全モバイルデータに占める動画の割合は『75%』になると言われています。

また、動画広告の冒頭10秒以内にブランド名とメッセージを提示した場合に
反応した視聴者数の増加率は『3倍』となっています!

さらに、従来の動画広告とモバイル向けに作成した広告を比較すると、
助成想起は2.4倍高いデータが出ています。

上記の理由から動画を作成する際は
モバイルに最適化する必要があるのです!

モバイルに最適化した動画とは

①15秒以内
⇒動画の長さですが、あまりに長すぎると、ユーザーが途中で離脱してしまうため
できる限り短くユーザーが飽きる前に、メッセージを伝える必要があります。

②メインのメッセージとロゴを冒頭の3秒以内
⇒動画が開始されてから、短い時間でユーザーの目を引き
何についての広告なのか理解してもらう必要があります。

③縦長動画
⇒横長と比較しますと、画面の占有率が高く
動画がフルサイズに近い状態で表示されるため非常に効果的です。
縦長のアスペクト比は4:5や9:16などがあります。

ここまで動画を作成する上での注意点やポイントについてお話ししてきましたが、いかがだったでしょうか?
これから動画を作成する方、作成していたけどモバイルに最適化できていなかったなんて方は
ぜひ今後の参考にしてみてください。

◆PR

セスグモ株式会社はFacebook社の広告代理店プログラム(SMB広告代理店)に認定されています。

フランチャイズ加盟やセミナー、法人向けのサービスや商品の広告に特化し、
Facebookの特徴を活用して、「決済者」にダイレクトアプローチで営業工数削減&売上UPを実現しています。

ただいま、セスグモのマーケティング手法を無料公開中です!