コンバンワー!タケイデスヨ!

カタカナ語はここまでにして
本日は動画広告のテキストについて、お話ししていけたらと思いますね。

動画広告ですが、
サムネイルに登録しているクリエイティブのテキスト量が
20%未満であれば基本的には問題ありません。

だが!!しかし!!

動画広告内のテキスト量も注意する必要が出てきました。

~ある日のこと~
私はいつも通り大事に育てているアカウント達を見ていました。

するとキャンペーンがオンにもかかわらず
アカウントを見た当日とその前の日のインプレッションがなんと『0』のアカウントが。

『(´・ω`・)えっ!?ちょい待ち!!?』
ゼロは笑えない。
そして、私は配信されなくなったアカウントの該当する広告を見ることに。

■審査落ちの理由
[テキスト量過多]
あなたの広告は広告内のテキスト量が(以下略)

動画のサムネイルを確認しても
テキスト量は皆無なので、審査落ちするはずはない。

この時の僕はそう思っていました。。

上記の件につき、Facebookの担当者に問合せしたところ下記の回答でした。
========================================
サムネイルに登録しているクリエイティブのテキスト量が
20%未満であれば基本的には問題ありませんが、
今回のように動画内のテキスト量が多いため、
審査落ちしてしまう可能性がございます。

========================================

後日、動画内のテキスト量を修正致しました(泣)

今回は以上になります。
動画広告を行っている方は、サムネイルのテキスト量が問題なくとも
審査落ちすることを念頭に置きつつ、運用を行って頂ければと思います。

これから動画広告を行う可能性がある方は
より一層注意してもらえればと思います。

日々移り変わるFacebookの審査基準ですが
みなさん、柔軟に対応していきましょう!

◆PR

セスグモ株式会社はFacebook社の広告代理店プログラム(SMB広告代理店)に認定されています。

フランチャイズ加盟やセミナー、法人向けのサービスや商品の広告に特化し、
Facebookの特徴を活用して、「決済者」にダイレクトアプローチで営業工数削減&売上UPを実現しています。

お仕事のご相談やご質問などお気軽にHPからお問い合わせください!